Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

今日からできる! 技術的負債返済への最初の一歩 / You Can Start Today! Take Your First Step To Paying Off Technical Debt

今日からできる! 技術的負債返済への最初の一歩 / You Can Start Today! Take Your First Step To Paying Off Technical Debt

2023/07/19 技術的負債、どうやって解消した?リアーキテクチャ・リファクタ事例から学ぶLunch LT

今日からできる! 技術的負債返済への最初の一歩
https://findy.connpass.com/event/288877/

ソフトウェアエンジニア
鈴木 健太郎

kaminashi, Inc.

July 18, 2023
Tweet

More Decks by kaminashi, Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社カミナシ
    今日からできる!
    技術的負債返済への最初の一歩
    2023.07.19
    発表資料
    技術的負債、どうやって解消した?
    リアーキテクチャ・リファクタ事例から学ぶ
    Lunch LT

    View Slide

  2. 自己紹介
    鈴木 健太郎 / Kentaro SUZUKI
    @szk3
    すずけん | Cloud Architect, Software Engineer
    株式会社カミナシ
     エンジニアリング本部
     Harami Engineering 第2ユニット
     ソフトウェアエンジニア

    View Slide

  3. 現場DXプラットフォーム カミナシ

    View Slide

  4. アジェンダ

    View Slide

  5. 5
    1.技術的負債になりかけていた機能を
      リアーキテクティングしたら
      めちゃくちゃ改善した話
      (ダイジェスト版)
    2.リアーキテクティングPJで学んだこと
    3.まとめ
    アジェンダ

    View Slide

  6. 技術負債になりかけていた機能を
    リアーキテクティングしたら
    めちゃくちゃ改善した話
    (ダイジェスト版)

    View Slide

  7. 古くから存在する1つの機能をリアーキテクティングしたら...
    目に見える成果を出すことができました 🙌
    ● 処理時間は、4分の1以下 に
    ● AWSリソースの利用コストは、90%程度削減

    View Slide

  8. お客様が記録した帳票データを、Excel形式のファイルに変換し、
    出力するバッチ処理をリアーキテクティング
    リアーキテクティングの対象となった機能
    xlsx形式
    DB
    xlsx形式
    xlsx形式
    ファイル

    View Slide

  9. Read / Write
    AWS Cloud
    旧システムアーキテクチャの構成図
    Amazon EventBridge AWS CodeBuild
    Amazon Elastic Container
    Registry (Amazon ECR) Amazon Aurora
    Amazon Simple Storage
    Service (Amazon S3)
    1
    2
    3
    4
    Triger
    Image pull
    Docker run
    Create xlsx file
    goroutine(1..n)
    Put
    xlsx

    View Slide

  10. 利用者の増加とともに、設計当初のシステムアーキテクチャが
    技術的負債(当時の最適が今の最適ではなくなった)になっていた
    抱えていた課題
    1.バッチ処理のスループットをあげにくい
    2.AWSリソースの利用コストが無駄にかかる
    3.バッチ処理が失敗するとスクラムに影響が大きい
    旧システムアーキテクチャが抱えていた課題

    View Slide

  11. AWS Cloud
    Amazon Fargate
    新システムアーキテクチャの構成図
    xlsx
    Amazon EventBridge
    Job Submit
    1
    2
    3
    4
    Triger
    Find conversion targets
    Amazon Aurora
    Create xlsx file
    Container
    AWS Batch
    Amazon Fargate
    Amazon S3
    Job Scheduling
    5
    6
    xlsx
    xlsx
    Find export data

    View Slide

  12. AWS Cloud
    Amazon Fargate
    新システムアーキテクチャのポイント - 1. AWS Batchを中心に非同期処理を実現
    xlsx
    Amazon EventBridge
    Job Submit
    1
    2
    3
    4
    Triger
    Find conversion targets
    Amazon Aurora
    Create xlsx file
    Container
    AWS Batch
    Amazon Fargate
    Amazon S3
    Job Scheduling
    5
    6
    xlsx
    xlsx
    Find export data
    4
    AWS Batch
    Job Scheduling
    1. AWS Batchを中心に非同期処理を実現

    View Slide

  13. AWS Cloud
    新システムアーキテクチャのポイント - 2. バッチ処理を責務で分離
    xlsx
    Amazon EventBridge
    1
    2
    4
    Triger
    Find conversion targets
    Amazon Aurora
    Container
    AWS Batch Amazon S3
    Job Scheduling
    xlsx
    xlsx
    Amazon Fargate
    Job Submit
    3
    5 Find export data
    Amazon Fargate
    Create xlsx file
    6
    2. バッチ処理を責務で分離

    View Slide

  14. AWS Cloud
    Amazon Fargate
    新システムアーキテクチャのポイント - 3. スケールアウトの実現と、自動リトライの導入
    xlsx
    Amazon EventBridge
    Job Submit
    1
    2
    3
    Triger
    Find conversion targets
    Amazon Aurora
    Create xlsx file
    Container
    Amazon S3
    5
    6
    xlsx
    xlsx
    Find export data
    4
    AWS Batch
    Amazon Fargate
    Job Scheduling
    3. スケールアウトの実現と、自動リトライの導入

    View Slide

  15. 抱えていた課題を、きれいに解消 👍
    1.バッチ処理のスループットをあげにくい
     → スケールアウトできる仕組みを実現
    2.AWSリソースの利用コストが無駄にかかる
     → AWS リソースの利用コストを約90%削減
    3.バッチ処理が失敗するとスクラムに影響が大きい
     → リトライ処理および監視の効率化
    新システムアーキテクチャで解消した課題

    View Slide

  16. 変換処理が集中する月初でのバッチ処理時間 (※移行時の計測データ)
     先月との比較で、処理時間は 4分の1に 👏
     \ 2時間7分(127分) → 29分 /
    リアーキテクティングの成果

    View Slide

  17. LTで収まらないので、もっと詳しく!
    スライドを公開しています 👀
    (※ AWS Dev Day 2023 Tokyo のオンデマンド配信で動画もご覧いただけます)
    https://speakerdeck.com/kaminashi/a-story-that-improved-a-lot-when-re-architecting-a-function-that-was-about-to-become-technical-debt

    View Slide

  18. リアーキテクティングPJからの学び

    View Slide

  19. リアーキテクティングPJが、一定の成果を出せた要因として考えられるもの
    リアーキテクティングPJを振り返り、何がよかったのかを再考 👀
    成果に繋がった要因と考えられること
    1. 技術的負債に対する、組織的な理解がある
    2. Design Doc を通じてチームメンバー間の認識齟齬を減らす
    3. 新システムアーキテクチャの不確実性を可能な限り減らす

    View Slide

  20. 1.技術的負債に対する、組織的な理解
    組織やPJの生成に決裁権を持つ人のPJに対する理解
    ● ワーキンググループではなく、業務としてPJ化
    https://speakerdeck.com/toricls/the-debt?slide=33 https://speakerdeck.com/toricls/the-debt?slide=34

    View Slide

  21. 1.技術的負債に対する、組織的な理解
    システムが要求を満たせなくなる前に、最適を再評価・反映
    https://speakerdeck.com/toricls/the-debt?slide=18 https://speakerdeck.com/toricls/the-debt?slide=17

    View Slide

  22. 1.技術的負債に対する、組織的な理解
    現場の人は、ステークホルダーに説明する責任があり、
    意思決定者は、合意形成と認識共有に責任がある
    https://speakerdeck.com/toricls/the-debt?slide=36 https://speakerdeck.com/toricls/the-dbt?slide=37

    View Slide

  23. 2.Design Doc を通じて、チームメンバー間の認識齟齬を減らす
    認識齟齬・情報格差をなくす為に Design Doc が機能した
    ● PJの遂行は新しいチームで担当
    ● 入社間もないメンバーもいた

    View Slide

  24. 2.Design Doc を通じて、チームメンバー間の認識齟齬を減らす
    Design Doc を書くと、何がもたらされるのか?
    ● 現状、課題、目標・アウトカムの目線が揃えやすくなる(※)
    ● 対象とする範囲が明確になる(ノンゴールの明示)
    ● チームとしてトレードオフを考慮した意思決定ができる
    (※) 例えば、前述のPJにおけるアウトカムは以下のように定義
     「変換処理が集中する月初の目標処理時間を1時間以内にする」

    View Slide

  25. 2.Design Doc を通じて、チームメンバー間の認識齟齬を減らす
    Design Doc 記述の工夫
    ● スクラムタスクとして、妥当な工数を確保
    ● チームで共通のフォーマットを使う
    ● レビューはチーム全員で行う

    View Slide

  26. 3.新システムアーキテクチャの不確実性を可能な限り減らす
    新システムアーキテクチャが安定している保証はない
    ● 大きな変更ほど、ビッグバンリリースは避ける
    ● ロールバックのしやすさを重視
    ● Feature Flagsなどを用い、段階的ロールアウトを計画する

    View Slide

  27. 3.新システムアーキテクチャの不確実性を可能な限り減らす
    エンジニア以外のチームにも、協力を依頼する前提で調整
    ● カスタマーサポート(CS) チームがサポートしやすい移行計画
    ● PJは新しいチームで担当したのでチームの力を過信しすぎない

    View Slide

  28. まとめ

    View Slide

  29. リアーキテクティングPJからの学びを踏まえ...
    今日からできる!技術的負債返済への最初の一歩 を提案
    1. 技術的負債について対話を増やそう
    2. 技術的負債について課題となりたい状態を言語化しよう

    View Slide

  30. 共通認識を作るため、チームや組織で対話を増やそう
    ● 最適は、時間や環境で変化しうるものだから
    ● 当事者は、自分(とそのチーム)なのだから
    ● あなたとわたしの技術的負債の捉え方は違うかも知れないから
    まとめ - 1.技術的負債について対話を増やそう

    View Slide

  31. まとめ - 2.技術的負債について、課題となりたい状態を言語化しよう
    Design Doc で現状を整理し、課題となりたい状態を言語化しよう
    ● 人は、忘れる生き物だから
    ● 課題の整理とゴール設定が、推進力を産むから
    ● なりたい状態が、設計の精度を上げるから

    View Slide

  32. まとめ - 今日からできる!技術的負債返済への最初の一歩
    新しく何かを作るより、既存のシステムを運用しながら改善するほうが
    難易度が高い (※ことが多い)
    なので、地に足をつけてPJを前に進めるには、対話やゴール設定など、
    普通のことを普通にやりきるための仕組みやチームのマインドが大切

    View Slide

  33. タノシイヨ-!
    マッテルヨ-!
    We’re Hiring !!
    We're Hiring !!
    CTO at Kaminashi, Inc. Tori Hara @toricls

    View Slide

  34. ご静聴ありがとうございました

    View Slide

  35. https://kaminashi.jp
    株式会社カミナシ

    View Slide