Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

全社ワークスペースに GitHubを選んだ ROUTE06の開発生産性 / Development productivity of ROUTE06

ROUTE06
July 12, 2023

全社ワークスペースに GitHubを選んだ ROUTE06の開発生産性 / Development productivity of ROUTE06

ROUTE06

July 12, 2023
Tweet

More Decks by ROUTE06

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 全社ワークスペースに

    GitHubを選んだ

    ROUTE06の開発生産性
    株式会社ROUTE06

    取締役CTO / 共同創業者 重岡 正

    View Slide

  2. Index
    ©2023 ROUTE06,Inc.
    01. 自己紹介
    02. 会社紹介
    03. 全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由
    04. GitHub 採用後の成果
    05. 採用から運用までの課題と解決策
    06. GitHub 活用事例のご紹介
    07. 結論と今後の ROUTE06 ワークスペース
    08. 質疑応答
    1

    View Slide

  3. Slido(Q&A)
    ©2023 ROUTE06,Inc.
    Speakerdeck
    2

    View Slide

  4. ©2023 ROUTE06,Inc.
    &% Introduction
    自己紹介
    3

    View Slide

  5. ©2023 ROUTE06,Inc. 4
    '& Introduction
    (GitHub @shige)
    重岡 正
    株式会社ROUTE06 取締役CTO / 共同創業者
    普段は熊本からフルリモートワーク
    しています
    本日は熊本からやってきました

    View Slide

  6. ©2023 ROUTE06,Inc.
    $! Company
    会社紹介
    5

    View Slide

  7. ©2023 ROUTE06,Inc. 6
    Name 社名  株式会社ROUTE06
    Representative 代表 遠藤 崇史
    Establishment 設立 2020年1月
    Capital stock 資本金 17.1億円(資本準備金等含)、1億円(資本金のみ)
    Business 事業 エンタープライズソフトウェアサービス、及びプロフェッショナルサービス
    Address 所在 東京都千代田区丸の内一丁目6-5 丸の内北口ビルディング 9F
    Adviser 顧問 アンダーソン・毛利・友常法律事務所
    ÇÅ Company / 会社概要

    View Slide

  8. ©2023 ROUTE06,Inc. 7
    97 Company / 提供プロダクトとサービス
    Digital Tranformation for Enterprise
    拡張性及び安定性の高いベストプラクティス
    Software as a Service
    データ基盤
    連携API
    Web画面
    外部SaaS連携
    DB DB
    API
    API
    UI SaaS
    SaaS
    SaaS
    Professional Service
    プロフェッショナルならではの事業支援
    事業企画/

    プロダクトデザイン
    セールス&

    マーケティング支援
    業務設計/

    システム開発
    リサーチ/

    データ分析

    View Slide

  9. ©2023 ROUTE06,Inc. 8
    1) Company / 実績紹介
    事例はこちらから御覧ください

    View Slide

  10. ©2023 ROUTE06,Inc. 9
    42 Company / メンバーのこと
    フルリモート組織の ROUTE06。

    約半数のメンバーが首都圏外に居住
    しています。
    青森から沖縄まで14 都道府県に居住
    引用元:

    数字で見る ROUTE06〜働き方・キャリア編〜|
    ROUTE06

    View Slide

  11. ©2023 ROUTE06,Inc. 10
    53 Company / メンバーのこと
    組織の約 70%がプロダクト開発に
    関わるメンバーです
    50%がソフトウェアエンジニア
    引用元:

    数字で見る ROUTE06〜働き方・キャリア編〜|
    ROUTE06

    View Slide

  12. ©2023 ROUTE06,Inc. 11
    本発表における開発生産性
    テクノロジーの変革にリーダーシップが果たす役割は、DevOps をめぐる話題の中ではとかく見逃がされ
    てきた。その役割は次の点で不可欠であるにも関わらず、である“
    „ 高い信頼性と生産性を実現するための文化規範を確立しサポートす
    „ 開発者の生産性を高めるテクノロジーを創造し、デプロイまでのリードタイムを縮小し、より信頼性の
    高いインフラをサポートす
    „ チームの実験や技術革新をサポートし、良質な製品を迅速に創造し実装すm
    „ 組織の部署を越えた取り組みにより、戦略的な協力関係を築き上げる
    「Lean と DevOps の科学 - 11.1 変革型リーダーシップ」より引用


    View Slide

  13. ©2023 ROUTE06,Inc. 12
    全社生産性と

    開発生産性への寄与
    開発生産性
    プロダクトチームの生産性
    全社生産性

    View Slide

  14. ©2023 ROUTE06,Inc. 13
    よくあるエピソード
    情報の断片化 更新の遅延 コミュニケーションの

    非効率性
    ツールの

    学習コスト
    GitHub管理化のコードと関連
    ドキュメントが別ツール上に
    存在すると、情報が分断され

    コードが更新された際、それ
    に連動して関連ドキュメント
    も更新する必要があるが、ド
    キュメントが別ツール上にあ
    ると更新が遅れがち
    GitHubと別ドキュメントツー
    ルを並行して使っている場
    合、どちらでコミュニケー
    ションを取るべきか迷う
    異なるツールが混在している
    と、それぞれのツールの使い
    方を覚える学習コストが発生

    View Slide

  15. ©2023 ROUTE06,Inc.
    #" Contents
    全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由
    14

    View Slide

  16. ©2023 ROUTE06,Inc. 15
    H" Contents / 全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由
    複雑な課題に非同期で向き合う組織の「情報設計」
    œ 組織が大きくなるにつれて情報の共有・活用のための文化・仕組み・シス
    テムの維持には高コストが発v
    œ ROUTE06 は創業初期から全ての業務ドキュメントの作成・共有・管理の
    「情報設計」を重†
    œ 複雑なビジネス課題を解決するため、多様なチームが柔軟に働ける会社作
    りを推進
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06

    View Slide

  17. ©2023 ROUTE06,Inc. 16
    H" Contents / 全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由
    以前は「Notion」を積極活用
    過去のツールの使い分け y プロダクト開発は GitHub や Figma を使|
    y 社内ドキュメント作成やタスク管理は主に
    Notion で行い、約 2 年分の業務情報が蓄積
    当時の課題 y Dev とそれ以外のドキュメント管理ツールの分Ÿ
    y レビュープロセスの難し“
    y Slack 連携が弱く、変更検知のしづらさ
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06

    View Slide

  18. ©2023 ROUTE06,Inc. 17
    E0 Contents / 「GitHub」の全社導入を決めた理由
    1. 業務プロセスとドキュメンテーションの連続性
    Before After
    プロダクト開発における要件定義・
    仕様作成は通常 GitHub 以外のツー
    ルが使用される
    ドキュメント作成を GitHub に一本化することで設計と実
    装のプロセスにおける情報共有がよりスムーズになる
    Discussions 機能を活用して、議事録やアイディアメモも
    GitHub 内で作成・共有可能
    コーポレート部門も GitHub を利用していれば、部門・業
    務をまたいだ情報共有(特に問題の察知など)などの利便
    性が増す
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06

    View Slide

  19. ©2023 ROUTE06,Inc. 18
    E0 Contents / 「GitHub」の全社導入を決めた理由
    2. Slack 等への接続性及び視認性
    Code Issue
    Discussion
    Slack
    #gh-corporatesite
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06

    View Slide

  20. ©2023 ROUTE06,Inc. 19
    E0 Contents / 「GitHub」の全社導入を決めた理由
    3. バージョン管理と共同編集の利便性
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06
     GitHub はドキュメントの保管・編集履歴、アサイン管理などの機能が豊¾
     業務ガイドラインなどのドキュメントをコード管理し、Pull Request のフ
    ローを利用すると、全ての変更差分及び議論過程が記録され
     あとから入社した人も変更の経緯を正確に確認可á
     情報の鮮度と質をチーム全体で担保でき、特定の個人に依存しなz
     内部統制・監査などで、規定類の更新状況などの信頼性の高いデータを開示し
    やすい、ガバナンス強化の観点でもメリット

    View Slide

  21. ©2023 ROUTE06,Inc. 20
    C( Contents / 「GitHub」の全社導入を決めた理由
    4. システムの安定性及びセキュリティ水準
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06
    z GitHub はエンタープライズ利用が広く、その安定性とセキュリ
    ティ水準は信頼性が高­
    z 2018 年に Microsoft グループになり、セキュリティ機能とエン
    タープライズ向けサービスの強化に注力している

    View Slide

  22. ©2023 ROUTE06,Inc. 21
    E0 Contents / 「GitHub」の全社導入を決めた理由
    GitHub と ROUTE06?
    プラン:

    利用状況:

    Add-on:
    GitHub Enterprise

    GitHub を全社員が利用中

    GitHub Copilot ライセンスを希望者全員へ付与

    View Slide

  23. ©2023 ROUTE06,Inc.
    #! Result
    GitHub 採用後の成果
    22

    View Slide

  24. ©2023 ROUTE06,Inc. 23
    53 Result / GitHub採用後の成果
    数字で見る ROUTE06
    〜GitHub・言語・ツー
    ル編〜| ROUTE06
    GitHubへのアクセス頻度と利用年数

    View Slide

  25. ©2023 ROUTE06,Inc. 24
    75 Result/ GitHub採用後の成果
    2022年のコントリビュート数
    数字で見る ROUTE06
    〜GitHub・言語・ツー
    ル編〜| ROUTE06

    View Slide

  26. ©2023 ROUTE06,Inc. 25
    75 Result / GitHub採用後の成果
    ワークフローの透明性とその効果
    全社員が GitHub でドキュメンテーションすることになったけ
    ど、レビューが自然とプロセスに入り、コラボが生まれやすく
    なって組織の情報流通が滑らかになった感がある


    GitHub 全社導入時にあった社員のコメント例
    数字で見る ROUTE06
    〜GitHub・言語・ツー
    ル編〜| ROUTE06

    View Slide

  27. ©2023 ROUTE06,Inc.
    #" Solution
    採用から運用までの課題と解決策
    26

    View Slide

  28. ©2023 ROUTE06,Inc. 27
    18 Solution / 採用から運用までの課題と解決策
    使い方がわからない…
    社内のエンジニア
    が勉強会を開催
    実践入門を通じて
    スキル習得
    各チームでタスク確認時
    に issue の立て方や利
    用方法を都度共有
    Slack の個人#times チャ
    ンネルで困ったことを共有
    し、助けを求める
    必要に応じて知識
    がある人に質問
    突然エラーが出る
    「この人に聞ける」
    という方がいてくれ
    るのが心強い

    エンジニアの助けを借り
    て pull request を作成

    View Slide

  29. ©2023 ROUTE06,Inc.
    ! Case
    GitHub 活用事例のご紹介
    28

    View Slide

  30. ©2023 ROUTE06,Inc. 29
    97 Case / 各ドキュメント機能の位置付け
    各ドキュメント機能の位置付け
    Code
    使い分け 主な用途
    正確性が求められるストック情報

    更新頻度は比較的少ない
    j 基本情g
    j ガイドライ˜
    j ルール/規定
    編集フロー
    ~ƒ プルリクエス‚
    yƒ レビュー/承r
    qƒ マージ
    Discussion 複数人による作成/共有/更新のあ
    るストック情報。正確性よりも作
    成/共有のしやすさの重視
    j 議題/議事³
    j 調査メ®
    j 日報
    任意に作成更新可能
    Issue 業務プロセスのなかで頻繁に作成
    更新され、進捗管理されるフロー
    情報
    j タスク管è
    j 業務論点 任意に作成更新可能
    note: 全社ワークスペー
    スに「GitHub」を選ん
    だ理由と利用状況につ
    いて| ROUTE06

    View Slide

  31. ©2023 ROUTE06,Inc. 30
    73 Case / GitHub活用事例のご紹介
    入社オンボーディングが new issue から始まる
    i 新入社員のオンボーディングは GitHub の
    new issue から開s
    i GitHub Issues を使った実践的な入門ト
    レーニン•
    i GitHub の issue template を活用してオン
    ボーディングを効率化

    View Slide

  32. ©2023 ROUTE06,Inc. 31
    95 Case / GitHub活用事例のご紹介
    自己紹介ページの作成で Pull Request 実践入門
    z 入社後に自己紹介ページの
    作成で GitHub Pull
    Requests 実践入…
    z 社内ハンドブッv
    z 利用している技i
    z GitHub (Enterprisef
    z GitHub Page’
    z Docusaurus
    note: GitHub Pages
    を活用した、社内ハン
    ドブックの取り組み |
    ROUTE06

    View Slide

  33. ©2023 ROUTE06,Inc. 32
    73 Case / GitHub活用事例のご紹介
    議事録、アイデアメモに GitHub Discussions を活用
    ~ Dev 以外のテキスト情報も GitHub に溜ま™
    ~ GitHub Discussion 実践入門

    様々な工„
    ~ GitHub Actions でアジェンダ自動作r
    ~ GitHub Discussions の Comment への Reply
    は自作処理で Slack へ通知

    View Slide

  34. ©2023 ROUTE06,Inc. 33
    73 Case / GitHub活用事例のご紹介
    会社サイトは CMS として GitHub を活用
    note: CMSとしての
    GitHub活用〜コーポ
    レートサイトにおける事
    例紹介〜 | ROUTE06
    › CMS として GitHub を活Š
    › その他、利用している技術は以下の通–
    › GitHub (Enterprisep
    › Cloudflare Pagem
    › Next.js
    https://route06.co.jp

    View Slide

  35. ©2023 ROUTE06,Inc. 34
    95 Case / GitHub活用事例のご紹介
    GitHub の通知を制するものは仕事を制す
    全社ワークスペースを GitHub にしたことにより、情報洪水に溺れないようにo
    ˆx GitHub からの通知が溢れ返る
    …x 不要な通知は受け取らないようにする
    sx 通知を処理するスピードを上げる
    hx 重要な通知は Slack でリアルタイムに通知する
    GitHub の通知を制す
    るものは仕事を制す -
    ROUTE06 Tech Blog

    View Slide

  36. ©2023 ROUTE06,Inc. 35
    95 Case / GitHub活用事例のご紹介
    見るべき人に見るべき情報を確実に届けたい
    GitHub Projects 勉強
    会を開催しました -
    ROUTE06 Tech Blog
    Ù プロジェクト情報管理で重要なのは「各関係者に適切な粒度で情報を確実に届
    けることÄ
    Ù カンバンを使用することで情報の可視化を実œ
    Ù しかし、情報が多い場合、重要な情報が隠れてしまう可能性があª
    Ù 情報の粒度は見るべき人の立場によって異なª
    Ù エンジニア:Issue 単位の情Å
    Ù プロダクトオーナー・マネージャー:Epic 単位の情報と時系列の進捗情Å
    Ù GitHub Projects の Table, Board, Roadmap などのレイアウトを活¹
    Ù 見るべき人の立場に合わせた情報の見せ方・粒度をコントロール

    View Slide

  37. ©2023 ROUTE06,Inc. 36
    73 Case / GitHub活用事例のご紹介
    プロダクト開発における GitHub 事例
    プロダクト開発において、特徴的な工夫を紹介します˜
    h GitHub Actions 経由でオンボーディング issues 作t
    h Excel/スプレッドシートの変更 -> GitHub Pull Request 作t
    h 仕様書をExcelやスプレッドシートなどの形式でお客様へ共有する必要があるケース
    に対応するために定期的に同期

    View Slide

  38. ©2023 ROUTE06,Inc.
    #" Summary
    結論と今後の ROUTE06 ワークスペース
    37

    View Slide

  39. ©2023 ROUTE06,Inc. 38
    7A Summary / 今後の ROUTE06 ワークスペース
    全社ワークスペース GitHub 選定がもたらした総合的な影響
    全社生産性 n 全社員がGitHubで情報を共有する文化が広まり、情報のア
    クセシビリティが向上
    プロダクトチームの

    生産性
    n デザイナーやPdMがGitHubを活用することで、コミュニ
    ケーションが円滑になり、プロダクト開発のスピードが向上
    開発生産性 n エンジニアがGitHubを一元的な情報源として利用できて、
    情報検索時間が短縮され、開発に専念できる時間が増加

    View Slide

  40. ©2023 ROUTE06,Inc. 39
    7A Summary / 今後の ROUTE06 ワークスペース
    今後の展望や改善策
    ‚ Q) ROUTE06 全社員が十分使いこなせているかS
    ‚ A) のびしろしかない
    社内サポートと GitHub 体験向上のために

    ROUTE06 エンジニアらも頑張ります ‍

    View Slide

  41. ©2023 ROUTE06,Inc. 40
    本日の発表が皆様の開発生産性向上に

    貢献できたら幸いです

    View Slide

  42. ©2023 ROUTE06,Inc. 41
    全国フルリモートワーク

    採用しています
    [PR]
    本日、ブース出展中
    ▼ 詳細はこちら ▼

    View Slide