Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS移行のWHY,WHAT,HOW

 AWS移行のWHY,WHAT,HOW

AWS移行について、WHY(なぜ)、WHAT(何を)、HOW(どのように)の3つの観点から、オンプレ等にあるシステムをAWSへ移行すると何が嬉しいのか、移行するには何をすれば良いのか、成功するための戦略とベストプラクティスをご紹介します。

HisashiWatanabe

July 20, 2023
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AWS移行の
    WHY, WHAT, HOW
    2023/7/19
    AWS事業本部マイグレーション部
    渡部 比佐志

    View Slide

  2. 本セッションの対象者 2
    • オンプレミスからクラウドへの移行を企画・検討されている方
    • 移行計画の策定を担当される方
    • AWSへの移行について興味・関心のある方

    View Slide

  3. 本セッションの概要 3
    AWS移行のWHY, WHAT, HOW
    • WHY:なぜ移行するのか
    • WHAT:移行とは何か / 何をすれば良いか
    • HOW:どのように進めるのか

    View Slide

  4. 自己紹介 4
    渡部 比佐志
    ・所属
    クラスメソッド株式会社
    AWS事業本部マイグレーション部
    プロジェクトマネージャー
    ・経歴
    SESで様々なポジションを経験
    組み込み系 → Web系 → クラウド
    2023年5月にクラスメソッド入社
    ・資格
    AWS認定 12冠
    Azure Administrator Associate
    IPA PM, SC, AP

    View Slide

  5. WHY:なぜ移行するのか
    5

    View Slide

  6. 移行したい理由とは? 6

    View Slide

  7. 移行したい理由とは? 7
    ハードウェアの保守期限が終了する
    セキュリティを強化したい
    パフォーマンスに問題が発生している
    機能改修に時間がかかる
    コストを削減したい

    View Slide

  8. 移行先は? 8
    https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR202200_002.pdf
    • クラウドサービスを利用する企業は増え続けている
    • クラウドサービスを利用した企業は効果があったと答えている
    総務省「令和4年 通信利用動向調査報告書(企業編)」

    View Slide

  9. 移行先は? 9
    https://www.srgresearch.com/articles/q1-cloud-spending-grows-by-over-
    10-billion-from-2022-the-big-three-account-for-65-of-the-total
    • クラウドサービスのトップシェアはAWS(amazon)

    View Slide

  10. AWSを選ぶメリット 10
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • わずか数分で利用開始できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  11. AWSを選ぶメリット 11
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  12. AWSを選ぶメリット 12
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  13. AWSを選ぶメリット 13
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  14. AWSを選ぶメリット 14
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  15. AWSを選ぶメリット 15
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  16. AWSを選ぶメリット 16
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  17. AWSを選ぶメリット 17
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  18. AWSを選ぶメリット 18
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • すぐにリソースを利用できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ

    View Slide

  19. AWSを選ぶメリット 19
    • 従量課金制で、必要な分だけ利用できる
    • 継続的な値下げで、そのまま使っていても安くなる
    • 需要に応じて伸縮できる柔軟性
    • わずか数分で利用開始できる俊敏性
    • 最先端の技術をいつでも利用可能
    • 属人性の排除と開発速度の向上
    • マネージドサービスによる運用負荷の軽減
    • 高いセキュリティ
    AWSのクラウドが選ばれる10の理由
    https://aws.amazon.com/jp/aws-ten-reasons/

    View Slide

  20. AWSを選ぶメリット 20
    • 利用者が多く技術者を確保しやすい
    • DevelopersIOをはじめとして、技術情報が日本語で豊富にある
    • 多数のAPNパートナー企業
    • 学習コンテンツが充実している
    • Skill Builderなどのコンテンツ
    • AWS認定資格
    • トレーニング(無償 / 有償)

    View Slide

  21. AWSを選ぶメリット 21
    • 利用者が多く技術者が確保しやすい
    • DevelopersIOをはじめとして、技術情報が日本語で豊富にある
    • APNのパートナー企業が多い
    • 学習コンテンツが充実している
    • Skill Builderなどのコンテンツ
    • AWS認定資格
    • トレーニング(有償 / 無償)

    View Slide

  22. ビジネス価値を定義する 22
    現状の課題とAWSのメリットが確認できたら
    移行によって実現したいビジネス価値を定義する
    • クラウドを利用することが目的ではない
    • 事業に与える価値を移行目的に定めることが重要

    View Slide

  23. クラウドバリューフレームワーク 23
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  24. クラウドバリューフレームワーク 24
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  25. クラウドバリューフレームワーク 25
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  26. クラウドバリューフレームワーク 26
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  27. クラウドバリューフレームワーク 27
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  28. クラウドバリューフレームワーク 28
    AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド移行で実現できるビジネス価値と経済性評価の考え方」
    https://www.youtube.com/watch?v=vzhtdmShLYc

    View Slide

  29. 移行目的を定めるポイント 29
    • 現状の課題を洗い出す
    • クラウドのメリットを知る
    • 移行によって得られるビジネス価値を定義する

    View Slide

  30. 目的の優先順位 30
    目的に優先順位をつけることも大切
    • システムの特性による違い
    • SoR (System of Record)
    安定性を重視、運用の効率化
    • SoE (System of Engagement)
    変化に強い仕組み、俊敏性を重視
    • 初めから全てを求めない
    • スモールスタートで継続的に改善していく

    View Slide

  31. WHAT:移行とは何か
    31

    View Slide

  32. 何を移行するのか 32
    移行対象の範囲はそれぞれ異なる
    • アプリケーション
    • データベース
    • ストレージ
    • サーバー
    • システム
    • IT資産

    View Slide

  33. 何を移行するのか 33
    機能やデータの移行が目的
    現行の状態のまま
    移行が目的
    クラウドジャーニー
    移行対象の範囲はそれぞれ異なる
    • アプリケーション
    • データベース
    • ストレージ
    • サーバー
    • システム
    • IT資産

    View Slide

  34. 何を移行するのか 34
    移行対象の範囲はそれぞれ異なる
    「移行」が何を指しているのか
    関係者間で同じ認識を持つことが重要

    View Slide

  35. WHAT:何をすれば良いか
    35

    View Slide

  36. 移行方法を考える 36
    https://aws.amazon.com/jp/builders-flash/202011/migration-to-cloud-2/
    移行パス(7R)

    View Slide

  37. 7Rの詳細 37
    移行パス 概要 ポイント
    リロケート
    (Re-Locate)
    VMware環境をそのまま、AWSのベアメタルインスタンス
    (VMWare Cloud on AWS)へ移行
    移行時間を最小化しハードウェアの保守から解放される
    vCenterを利用した既存のオペレーションをそのまま使える
    ただし既存システムの複雑性はそのまま継承してしまう
    リホスト
    (Re-Host)
    サーバー構成を変更せずに、OSやアプリケーションをそのまま
    EC2に移行する
    クラウドの拡張性や可用性を享受できる
    ただし既存システムの複雑性をそのまま継承してしまう
    リプラットフォーム
    (Re-Platform)
    OS やミドルウェアのバージョンアップ、DBエンジンの変更、
    RDS の採用、メインフレームや商用Unixからの移行
    クラウドの拡張性や可用性を享受できる
    コスト高な商用のDBエンジンを OSS に変更することで運用や保守のコス
    ト低減にもつながる
    ただし、移行コストやテスト工数は比較的増加する
    リファクタリング
    (Refactor)
    アーキテクチャを再設計し、クラウドネイティブに置き換え
    AWS LambdaやAmazon ECSなどのサーバレスやマネージドサ
    ービスを用いて、システムを再構築する
    クラウドの拡張性や可用性を享受できる
    サーバーレスを利用することによってインフラレイヤの運用から開放され、
    ビジネスロジックの構築に集中できるようになる
    ただし、移行コストやテスト工数は増加する
    リパーチェス
    (Re-Purchase)
    SaaS やパッケージ製品に乗り換える カスタマイズできない場合は SaaS やパッケージに業務を合わせることが
    必要
    リテイン
    (Retain)
    クラウド移行せず、現行の環境でシステムをそのまま運用 クラウド移行ができない要件がある場合
    クラウド移行による付加価値が出ない場合に選択
    リタイア
    (Retire)
    サーバーやアプリケーションを停止/廃止 他システムへの統合やシステムそのものの廃止が可能な場合に選択

    View Slide

  38. 移行パスの決定 38
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  39. 移行パスの決定 39
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  40. 移行パスの決定 40
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  41. 移行パスの決定 41
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  42. 移行の適合度と難易度 42
    https://aws.amazon.com/jp/builders-flash/202011/migration-to-cloud-2/

    View Slide

  43. 移行パスの決定 43
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  44. 各レイヤで移行パスを検討 44
    https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/AWS-Black-Belt_2023_AWS_MGN_0430_v1.pdf

    View Slide

  45. 移行パスの決定 45
    どの移行パスを実施するのかが重要
    • 移行目的を確認
    • システムの特性から選ぶ
    • 移行の適合度と難易度を確認
    • 同じシステム内でも各レイヤで検討
    • 段階的な移行も検討

    View Slide

  46. 移行パスの決定 46
    どの移行パスを実施するのかが重要
    移行パスが決まれば
    アーキテクチャ、移行手順、スケジュールなど
    何をすれば良いかが見えてくる

    View Slide

  47. HOW:どのように進めるのか
    47

    View Slide

  48. 評価
    AWS移行のステップ 48
    準備 移行 運用
    改善

    View Slide

  49. 評価
    AWS移行のステップ 49
    準備 移行 運用
    改善

    View Slide

  50. 評価フェーズ 50
    現状評価と移行後のメリットを確認し
    クラウド移行を行うかどうか判断する
    • 情報収集(ディスカバリー)
    • TCO診断
    • 移行準備状況診断

    View Slide

  51. 評価フェーズ 51
    • 情報収集(ディスカバリー)
    • 機器名称
    • 役割
    • ホスト名
    • サーバースペック
    • OS(バージョン情報も)
    • ミドルウェア(バージョン情報も)
    • ソフトウェア(バージョン情報も)
    • リソース使用率
    • サーバー間の依存関係
    • 他システムとの連携有無
    • ネットワーク構成
    • 非機能要件
    • 監視体制
    • 運用体制
    • 社内ルール・ガイドライン

    View Slide

  52. 評価フェーズ 52
    • 情報収集(ディスカバリー)
    AWS Application
    Discovery Service
    (ADS)
    AWS Migration
    Evaluator
    • スペック情報やサーバー間の関係性
    メトリクス情報を収集
    • 収集した情報からシステムの利用傾向
    を把握
    • オンプレミスの情報を収集
    • 収集した情報から移行後の適正サイジ
    ング、コスト分析

    View Slide

  53. 評価フェーズ 53
    • TCO診断
    • 移行前後のコストはTCOでの比較が必要
    • クラウドエコノミクス
    • AWSのアセスメントプログラム
    • クラスメソッドの移行支援サービスでも利用
    • As-isからTo-beの見える化
    • 分析レポートとネクストアクションのご提案
    • 診断結果が意思決定に利用されることが重要
    TCO診断レポート

    View Slide

  54. • AWSへの移行とクラウド最適化を実施するための準備状況を確認
    • Migration Readiness Assessment(MRA)
    • AWS Cloud Adaption Framework(CAF)の6つの重点分野に基づいた評価
    ビジネス、ピープル、ガバナンス
    プラットフォーム、セキュリティ、オペレーション
    • Cloud Adoption Readiness Tool(CART)
    MRAの簡易版診断ツール
    https://cloudreadiness.amazonaws.com/#/cart
    評価フェーズ 54
    • 移行準備状況診断
    移行準備状況レポート

    View Slide

  55. 評価
    AWS移行のステップ 55
    準備 移行 運用
    改善

    View Slide

  56. 準備フェーズ 56
    準備フェーズは、移行戦略の策定、リスクの洗い出し、
    計画の詳細化を行う
    • 移行計画立案
    • 移行PoC
    • AWS利用ガイドライン整備
    • 環境設計

    View Slide

  57. 準備フェーズ 57
    • 移行計画立案
    • 既存システムの精査と要件整理
    • 移行対象の確定、移行対象リスト作成
    • 依存関係の整理
    • 移行要件・非機能要件の整理
    • 移行先環境の検討
    • 移行方式(移行パス:7R)の検討
    • 移行先アーキテクチャの検討
    • 技術リスク洗い出し
    • 移行順序、方式、アーキテクチャの確定
    • 移行実施スケジュールの精緻化

    View Slide

  58. 準備フェーズ 58
    • 移行PoC
    • 従量課金制や俊敏性といったクラウドのメリットを活かし
    まずは実際に試してみる
    • 早い段階でプロジェクトのリスクやノックアウトファクターを洗い出す
    • できるだけ本番と同じ環境や同じデータで試す
    • PoCの確認観点
    • 移行手順
    • 移行難易度
    • 移行にかかる時間
    • 移行コスト

    View Slide

  59. 準備フェーズ 59
    • AWS利用ガイドライン整備
    • AWSへの移行が初めての場合や、利用ルールが明確でない場合
    組織的にAWSを活用するためのルール作りが必要
    • ガイドラインの項目例
    • アカウント管理
    • ユーザー管理
    • リソース利用制限
    • 接続構成
    • リソース命名ルール
    • セキュリティ
    • 運用
    • コスト管理

    View Slide

  60. 準備フェーズ 60
    • 環境設計
    • 移行先AWS環境の設計
    • アカウント戦略
    • オンプレとの接続構成
    • AWS Well-Architected Frameworkを活用
    • 運用上の優秀性
    • セキュリティ
    • 信頼性
    • パフォーマンス効率
    • コスト最適化
    • 持続可能性

    View Slide

  61. 評価
    AWS移行のステップ 61
    準備 移行 運用
    改善

    View Slide

  62. 移行フェーズ 62
    移行フェーズは、これまでの準備に沿って移行を実施
    AWSが提供している様々な移行ツール・サービスを活用
    • サーバー移行
    • データベース移行
    • ストレージ移行

    View Slide

  63. 移行フェーズ 63
    • サーバー移行
    AWS Application
    Migration Service
    (MGN)
    • 仮想マシンイメージからEC2インスタンス
    にインポート
    • 小規模な移行向け
    AWS Backup
    VM Import / Export
    • アプリケーションに対する変更を行わず
    EC2へ移行
    • 大規模な移行を簡素化、迅速化、自動化
    • データのリアルタイム同期とダウンタイ
    ムの最小化を実現
    • オンプレミスのVMwareをAWS上にバック
    アップリストア可能

    View Slide

  64. 移行フェーズ 64
    • サーバー移行
    VMware Cloud on AWS(VMC)
    • EC2ベアメタルインスタンスで実行され
    る専用のVMware SDDC
    • オンプレミスのVMware環境をそのまま
    AWSへ移行
    • ネイティブAWSサービスと連携可能
    https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/202110_AWS_Black_Belt_VMware%20_Cloud_on_AWS.pdf

    View Slide

  65. 移行フェーズ 65
    • データーベース移行
    • オンプレミスのデーターベースからAWSのマネージドデ
    ータストアへの移行を効率的に行うことができる
    • RDBMSだけでなく、NoSQLデータベース、データウェア
    ハウスなど20種類以上のDBに対応
    • データベースの異種間移行も可能
    AWS Database
    Migration Service
    (AWS DMS)

    View Slide

  66. 移行フェーズ 66
    • ストレージ移行
    • オンプレミスストレージとS3やEFS間でデータ転送を自動
    的に行うサービス
    AWS Transfer
    Family
    AWS DataSync
    AWS Snowball
    Family
    • SFTP、FTP、FTPSプロトコルを用いて、S3との間でファ
    イル転送を行うサービス
    • オンプレミスの大容量データを物理的なデバイスに転送し、
    AWSへ移送するサービス

    View Slide

  67. 評価
    AWS移行のステップ 67
    準備 移行 運用
    改善

    View Slide

  68. 運用フェーズ 68
    AWSへの移行後は、ビジネス状況の変化に合わせた
    継続的な改善を繰り返す
    • 監視、運用、保守の自動化
    • コスト最適化
    • モダナイゼーション

    View Slide

  69. クラスメソッドの移行支援サービス 69

    View Slide

  70. まとめ 70
    • 移行のWHY
    ビジネス価値の追求
    • 移行のWHAT
    移行対象を定める / 移行パスを決定する
    • 移行のHOW
    評価・準備・移行・運用のステップで進める

    View Slide

  71. まとめ 71
    • 移行のWHY
    ビジネス価値の追求
    • 移行のWHAT
    移行対象を定める / 移行パスを決定する
    • 移行のHOW
    評価・準備・移行・運用のステップで進める

    View Slide

  72. AWS移行はクラウド活用の第一歩です
    ビジネス価値の最大化を目指して踏み出しましょう

    View Slide

  73. View Slide